チューブトレーニング第3弾!肩こり解消!簡単にできるチューブストレッチトレーニング

トレーニング

皆さん、こんにちは!本日もご覧いただきありがとうございます。

パーソナルトレーナーの嬉野智哉です。

今回は「チューブトレーニング第3弾! 肩こり解消!簡単にできるチューブストレッチトレーニング!」

こちらの動画について解説いたします。

 

この記事を書いた人

嬉野 智哉

パーソナルトレーナー / 健康経営アドバイザー

 

気づけば肩がこってしまう方、朝起きたら寝違いが!そんな方にオススメの内容となっておりますので、しっかりとチェックしてくださいね。

 

1.チューブ・ラットプルダウン

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀江パーソナルジム/心斎橋パーソナルジム/(@ureshinotomoya)がシェアした投稿

効果部位
→背中 + 体幹(二の腕・背中)
回数目安
→10回 × 2セットか3セット

 

2.トレーニング方法

①チューブを親指以外、4本の指をチューブに通します!

②真上に手を伸ばし、両サイドに引っ張りながら肘を曲げていきます。

※胸はしっかり張ります

③肘をしっかり曲げて、肩の後ろまでチューブを引っ張る事で、 肩甲骨がしっかり動きます!

※硬くなった筋肉を適度に動かす事が大切です。

 

3.注意ポイント

チューブを引っ張る際、腰を反らないように注意しましょう。

顎もあげないように、頭を下げないように注意します。

 

トレーニングのメリット

背中の筋肉がしっかり動き、肩こりに効果抜群です!

二の腕もしっかり使う事で、引締め効果もあります!

 

4.ケンコレトレーナーが選ぶトレーニングチューブ

Disifen エクササイズバンド

トレーニング用ゴムバンド

・全身の筋肉が鍛えられる

・5種類の強度レベルに調節できる

・100%天然素材

10

持ち運びやすさ

6

耐久性

8

コスパ

9

収納しやすさ

約1,000円で買える手軽で質の高いトレーニングチューブです。

トレーニング用品に過度なお金をかける必要はありません。

https://kenkocollective.com/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

買い替えのハードルが低いものを選んで、清潔なものを継続的に使ってください。

 

5.まとめ

動画ではチューブを使用していますが、チューブをお持ちでない方は、フェイスタオルで代用していただけます。(チューブの方が効果が出やすいです)

日本人は特に身体の前面ばかり使用しています。。。

つまり背面の筋肉は使えてない事が多いです。

使用しないと筋肉は弱くなりますし、硬くもなります。

そして、身体の不調に繋がりやすいです。

お風呂あがりにバスタオルを短く持っていただいて、同じ動作を行う事もオススメですね!

モロッカンオイルの正規品を販売

嬉野 智哉

嬉野 智哉

・パーソナルトレーナー ・健康経営アドバイザー ・ケンコレBIZ 代表トレーナー 

関連記事

特集記事

TOP