【フードコーディネーターが教える】ダイエットに役立つ食事の量のカサ増し食材4選

食事

こんにちは!フードコーディネーターのYuka Arimaです。

今回は「【フードコーディネーターが教える】ダイエットに役立つ食事の量のカサ増し食材4選」といったテーマをお伝えして皆さんの健康をサポートできればと思っております。

もしよろしければ参考にしてみてください。

 

https://kenkocollective.com/wp-content/uploads/2020/06/2261737_s-e1593699294947-300x300.jpg
お悩みの女性

ありがとうございます!とっても気になるテーマです♪

 

それでは早速4つの食材をご紹介していきますね!

 

1.きのこ類

カサ増しをするにあたって使いやすく人気が高いのが、きのこ類です。

スーパーで手軽に買える「シイタケ」「マイタケ」「シメジ」「エノキタケ」はどれも100gあたり約20kcalで、食物繊維もそれぞれ豊富に含まれています。

そして、きのこ類の見逃せないダイエットに効果的な栄養素は「アミノ酸」「核酸」といった旨味成分です。

きのこ類のこれらの旨味成分は料理をおいしくしてくれると同時に、旨味成分が脳の満足感を高めて食べ過ぎをブロックしてくれます。

 

2.こんにゃく

こんにゃくは、97%が水分で残りもほぼ食物繊維です。

そのため、100gあたり約5キロカロリーとほぼゼロに近く抑えられます。

こんにゃくの特徴は弾力性が高い点です。

調理の際に少し大きめにカットをすることで噛みごたえを高めると咀嚼時間や咀嚼回数を稼ぐことができて、早食いや過食の防止につながります。

ただし、こんにゃくにはほとんど味がありません。

ニンニクや香辛料を使ってパンチの効いた味付けにすることで、より満足感が得られますよ♪

Amazonで
レビューを見る

 

3.豆腐

料理のカサを増しつつ、栄養も補うことのできる優秀な食材が豆腐です。

木綿豆腐、絹ごし豆腐のどちらを使用してもOKです!

 

木綿豆腐100gあたり
72kcal
タンパク質6.6g

絹ごし豆腐100gあたり
56kcal
タンパク質4.9g

 

豆腐には、代謝を保つのに欠かせないタンパク質には、β-コングリシニンという内臓脂肪を減らす働きのある大豆タンパクが含まれています。

またビタミンKなどのビタミンや、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。

上手に料理に使うコツは水気をきっちり絞ってから使うことです。

Amazonで
レビューを見る

 

4.もやし

もやしは100gあたり約20kcalとカロリーがわずかで、カサ増しにはもってこいの食材です。

もやしをおいしく調理するには濃いめの味付けを心がけるようにしてください。

もともとの味が淡白で、水気が出やすいためバターや味噌などでコクを加えるような味付けを意識してみてください。

もやしは工場で一年を通して安定的に栽培されるので、安価に提供されています。

お財布に優しいカサ増し食材であると言えます。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「【フードコーディネーターが教える】ダイエットに役立つ食事の量のカサ増し食材4選」といったテーマを解説してきました。

ダイエットのための自炊の習慣がついてきたら、次は食材選びの工夫をしてみてください。

自分だけのお気に入りレシピの開発ができれば、楽しくダイエットを続けられるかもしれませんね!

モロッカンオイルの正規品を販売

Yuka Arima

Yuka Arima

・フードコーディネーター ・SNS担当

関連記事

特集記事

TOP